立爪の婚約指輪使っていますか?

 

若いころに贈られた婚約指輪が立爪のダイヤモンドのリングだったという女性、多いのではないでしょうか立爪のダイヤモンドのリングは輝きを最大限に引き出してくれるので、とても人気がありました。けれども、そのリング、今でも現役で活躍しているでしょうか。

立爪のリングは石座が高いので服などにひっかかりやすく、日常生活で身に着けにくいなどの難点があり、残念ながら宝石箱の中で眠っているケースが多いようです。プロポーズという大切な思い出の詰まった記念の指輪がしまわれたままになっていたなら、もったいないですよね。最近は立爪以外で、ダイヤモンドの美しさを生かしたモダンなデザインの指輪が増えています。眠っている婚約指輪をリフォームして、今風でおしゃれなデザインの指輪に変身させてみませんか。

 

キーワードは「重ねづけ」

近頃は婚約指輪と結婚指輪を重ねて身に着ける「重ねづけ」が人気です。婚約指輪も婚約期間だけではなく、ずっと身に着けていきたいと考える女性が増えているのです。そのため、婚約指輪も立爪のデザインよりも控えめながら、ダイヤモンドの美しさを生かしたデザインを選ぶカップルが多くなりました。最初から婚約指輪と結婚指輪を重ねて着けることを前提に、デザインを選ぶ女性も増えています。

このような傾向もあり、持っている立爪のダイヤリングを他のリングと合わせて使えるようなデザインにリフォームしたいというリクエストも増えています。結婚指輪と重ねづけすると華やかになり、見映えもよくなります。重ねづけに適したデザインのバリエーションも豊かになっているので、一度ジュエリー店をのぞいてみてください。
ジュエルヤマグチには豊富な商品がございますのでお気軽にご相談ください。

 

重ねづけに適したダイヤモンドリングのデザインは?

結婚指輪と重ねづけして普段使いしやすい婚約指輪のデザインはシンプルなものがお勧めです。立爪のダイヤモンドを爪なしのソリティアタイプにリフォームすると、指輪の表面がフラットになり、洋服などにも引っかける心配がありません。爪なしのソリティアは控えめで上品、洗練された印象になります。

ダイヤモンドを地金に埋め込む彫り留めの技法を使ったリングも丈夫で安心。フクリン留めなど、留め方を変えるだけで印象が変わりますので、検討してみてはいかがでしょうか。また中央のダイヤモンドの脇にメレダイヤなどをあしらうと、ソリティアよりもカジュアルな雰囲気になり、重ねづけにもなじみます。お気に入りのデザインを見つけてくださいね。

 

婚約指輪のリフォームはバリエーション豊か

婚約指輪のリフォームは指輪から指輪とは限りません。婚約指輪にセッティングされているのは、粒が大きく美しいダイヤモンドが多いので、その輝きを生かした一粒タイプのペンダントネックレスにリフォームするのもお勧めです。

 

婚約指輪のアーム部分は下取りしてもらい、リフォーム費用に充てることもできます。一粒タイプのシンプルなペンダントネックレスはどんな装いにもマッチし、フォーマルにもカジュアルにも使える万能さが人気。主役のダイヤモンドの周囲にメレダイヤを施すと更に華やかさが増します。ジュエリー店にはさまざまなタイプのペンダントネックレスのデザインが並んでいますので、気に入ったデザインでのリフォームを見積りしてもらうことができます。見積りは無料ですので、気軽にご相談ください。

また婚約指輪だけでなく、宝石箱に眠っている宝石類を一緒にジュエリー店に持って行ってみるのもいいでしょう。ルースを取り出して、主役のダイヤモンドと合わせてブローチにするなどのリフォームも可能です。一度、ご相談ください。ジュエリーのリフォームはバリエーション豊富です。宝石箱で眠っているダイヤモンドの婚約指輪は無限の可能性を持っています。リフォームという新たな可能性にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

>>>ジュエリーに関する相談ごとはコチラ
>>>来店してジュエリーに関して相談する場合はコチラ