婚約指輪の値段は何で決まる?

婚約指輪といえばダイヤモンドのリング。
婚約指輪の値段はダイヤモンドの価値によって決まります。
ダイヤモンドの価値を決めるのは「4C」といわれていて、
国際基準としても「4C」が用いられています。

4Cとはなんでしょうか。
ダイヤモンドの重さを表す「カラット carrat」、色合いを表す「カラー color」、
透明度を表す「クラリティ clarity」、研磨技術の度合いを表す「カット cut」の
4つを合わせて、ダイヤモンドの4Cと呼んでいます。

4Cの等級はそれぞれあり、例えば「カラー」には23の等級があります。
無色透明のイメージのあるダイヤモンドですが、かすかに色のあるものも多く、
無色透明に近いものほど高い等級になります。

ピンクダイヤモンドやブルーダイヤモンドなどは別の基準があります。
婚約指輪はピュアなイメージが好まれ、透明度の高いダイヤモンドが人気です。

「クラリティ」はダイヤモンドの透明度を11段階で表します。
天然の内容物「インクルージョン」の量、大きさ、場所、性質に加え、
傷や欠けの具合によっても評価は異なります。
10倍の拡大鏡で見ても傷や内容物が確認できないダイヤモンドが最高と評価されます。

「カット」は研磨技術と対称性などダイヤモンドの形についての基準で5段階あります。
研磨技術は職人の腕が問われ、研磨の角度によってダイヤモンドの輝きは
大きく変わりますから、カットの技術は大切です。

ダイヤモンドの婚約指輪を選ぶ時、一番気になるのが
「カラット」という基準ではないでしょうか。

ダイヤモンドの価値を決める基準のひとつです。
「カラット」をダイヤモンドの大きさだと思っている人も多いのですが、
「カラット」は「宝石の重さ」を表す単位です。

1カラットは0.2グラムで計算します。
重さが増えれば、それに比例して石のサイズも大きくなり、
価格も高くなります。カラットはダイヤモンドを購入する際、
最も重要視される単位として浸透しています。

サイズ感でいうと、0.1カラット増すごとに
その直径は0.6ミリから0.8ミリ大きくなると考えればいいでしょう。
0.1カラットのダイヤモンドの直径は3ミリほどになります。
0.5カラットで約5.2ミリとなります。
大粒のダイヤモンドほど希少価値が高くなるので、その分値段も上がります。

このようにダイヤモンドの指輪の値段は、ダイヤモンドの重さを表すカラット、
色合いを表すカラー、透明度を表すクラリティ、研磨技術の巧みさを
表すカットの4Cの要素によって、変わってくるといえます。

プロポーズに贈るダイヤモンドの大きさは?

実際に贈られる婚約指輪のダイヤモンド、
どのくらいのカラット数が人気なのでしょうか。
欧米では平均1カラット前後の大きめなダイヤモンドが人気です。

それに対し、日本では事情が異なります。
調査によると日本では0.2~0.4カラットぐらいのダイヤモンドが
選ばれています。カラット数が大きくなると、石の存在感や主張が強くなり、
ゴージャスで華やかな印象になります。
逆にカラット数が小さいと清楚で可憐な雰囲気の指輪になります。

指輪の印象を決めるのはダイヤモンド

婚約指輪のデザインは多彩になり、豊富になりましたが、
見た目の印象を左右するのはやはりダイヤモンドです。
ダイヤモンドがあまり小さいと見た目が寂しくなってしまいます。

おおまかな目安としては、0.3カラット程度が日本人女性の指に着用したとき、
おとなし過ぎず、派手過ぎない適度なサイズ感です。

中心となるダイヤモンドの周囲に小さなメレダイヤモンドを
施して愛らしい雰囲気を醸し出す、リングのアームにメレダイヤを
埋め込むエタニティなどダイヤモンドの使い方次第で
リングの印象はさまざまに変化しますので、お気に入りのデザインを見つけましょう。

ダイヤモンドの大きさ、選ぶポイントは?

実際のところ、ダイヤモンドの大きさの好みは
身に着ける女性によります。


年齢を重ねると小さいダイヤモンドより大きな石の方が
似合うようになります。女性の体型や雰囲気によっても、
似合うリングのデザインやダイヤモンドの大きさも異なります。

できれば婚約指輪は実際にお店に行き、二人で選ぶのが間違いありません。
ネットでの購入は実物と印象が異なるケースもありますし、
実際に身に着けないと分からないことも多いのがジュエリーです。

特にリングのサイズはデザインによってフィット感も異なります。
高価な上、一生の記念になる婚約指輪ですから、
後悔はしたくありません。
お二人で店舗に足を運び、ダイヤモンドの大きさやデザインを
実際に目で見て、身に着けて感触を確かめ、
楽しみながら一番気に入ったリングを選んでみてくださいね。