コロナで変わる結婚式のかたち

2020年から世界中に吹き荒れたコロナ禍の嵐。
私たちの暮らしにさまざまな変化をもたらしましたが、
コロナ禍でウェディングの世界も変わりました。

自粛の期間中、孤独感を味わい、お互いの大切さに気づき
、これからの人生を共に歩みたいと考えて結婚に踏み切る
カップルも増えました。

芸能界でもたくさんのビッグカップルが誕生しましたね。
かつては芸能人同士の結婚といえば、華やかな披露宴が
催されたものでしたが、コロナ禍では入籍の報告で済ます
カップルがほとんどでした。それは一般人の結婚も同じ傾向です。

大人数での会食を避けるため、
たくさんのひとを招いての披露宴が少なくなりました。

これまでもレストランウエディングなどアットホームな結婚式や
パーティが増えつつありましたが、コロナ禍を経て、
ますますその傾向は強まったようです。

そして海外渡航が制限されたこともあり、新婚旅行を延期、
中止にするカップルも多くみられました。

その代わりに増えたのが婚約指輪を購入するカップルです。
結婚式や新婚旅行にあてるはずだった費用を
婚約指輪や結婚指輪にプラスするカップルが増えました。

一生の記念になるようにと考え、ワンランク上のリングを
求めるカップルも多いようです。

コロナ禍によりお家時間が増えるなかで、
身近な人の大切さに改めて気づいた人も多かったのではないでしょうか。

大切なパートナーとの絆の証でもある婚約指輪や結婚指輪、気に入ったものを選びたいですね。

お家でのサプライズプロポーズが人気に

これまでゴージャスなレストランや夜景スポットで
過剰な演出を施しての華やかなプロポーズが人気でしたが、
コロナ禍を経て、さりげなくプロポーズしたい、
自然体でプロポーズしたという人が増えています。
人気はお家プロポーズです。

お家プロポーズのよさは気負わずに、
いつもの自分のままプロポーズできる点。

ひざまづいてのプロポーズやオーバーアクション気味の
愛の言葉は苦手という人にもお家プロポーズなら敷居も高くありません。
気兼ねなく素直な気持ちを伝えることができそうです。

お家プロポーズでも、手を抜いたと思われないように、
きちんと感は大切です。心を込めて準備をしましょう。
部屋の中を花で飾る、バルーンで装飾するなど雰囲気づくりは重要です。
これまで撮影してきた二人の動画を編集して、
プロポーズ動画を贈るなどもお家プロポーズの演出として人気です。
ちょっと良いワインや手作りの料理などを用意するのもすてきですね。

二人の記念になるもの、残るものが大切

プロポーズに欠かせないのはジュエリーです。
婚約指輪は二人で後からゆっくり選ぶにしても、
プロポーズの記念になるジュエリーを用意すると、
きっと彼女は喜んでくれることでしょう。

たとえば真珠のイヤリングや一粒パールのネックレス、
彼女の誕生石のリングなど婚約指輪とは別の、
普段身に着けることのできるジュエリーをプレゼントすると
よい記念になります。

近頃は、長く使うことのできるちょっと良いものを選ぶカップルが増えています。
安いものを買ってすぐに飽きてしまうより、良いものを末永く大切にすることが
時代の流れに合っているようです。

ダイヤモンドが入った結婚指輪

自分らしい演出や記念になるプレゼントにこだわって、
思い出に残るプロポーズを成功させてくださいね。

お店に行く前は事前予約がお勧め

コロナ禍ではジュエリー店も感染症予防対策に力を入れています。
密を避け、スタッフがゆっくりとお客さまに対応できるよう予約制を
とっている店もあります。特に土曜日、日曜日は混雑する可能性がありますので、
来店の予約を入れると安心です。スタッフもゆっくり相談に応じてくれます。

予約に際して、婚約指輪を見たい旨を伝えておくと、
事前にさまざまなデザインのサンプルや資料も用意しておいてもらえます。
リングのデザインも好みの雰囲気を伝えておけば、意向に添ったリングを
用意することも可能です。
密を避け、安心して指輪選びができるよう、来店の予約をお勧めします。