2022年、新成人が20歳から18歳へ

民法改正により、2022年4月1日から成人年齢が
これまでの20歳から18歳へ引き下げられます。
2022年4月1日時点で18歳、19歳の人はその日から大人になります。

日本における成人の年齢は明治9年以降、20歳とされてきました。
公職選挙法の改正により選挙権年齢が18歳と定められたのに続き、
市民生活に関する基本法である民法においても成人年齢が18歳と変更されます。

成人年齢が18歳になって何が変わるの?

成人年齢が18歳に引き下げられることにより、何が変わるのでしょうか。
まず18歳になると親の同意なしに1人で契約を行うことができるようになります。
高校卒業後、進学などで1人暮らしをする場合、
親の同意なしにアパートを借りる、引っ越しの手配をするなどができるようになります。

またクレジットカードを作る、携帯電話の契約をするなども
自分ひとりで行うことができるようになります。
10年有効パスポートの取得も可能になります。

このように民法の成人年齢には1人で有効な契約を
することができる年齢という意味と、父母の親権に服さなくなる年齢という意味があります。
けれども飲酒、喫煙、競輪、競馬、競艇などは引き続き、20歳になるまでは許されていません。

成人式はどうなるの?

これまで20歳で行われてきた成人式に関して、何歳で開催するかは
各自治体に任されています。名古屋市をはじめ、
これまで通り20歳で成人式を開くと決めている自治体も多いようです。

成人のお祝いに贈って喜ばれるパールのネックレス

ひとりの大人として社会に認められる大切な節目である成人のお祝い。
お祝いにほしい品はどんなもの?と新成人にアンケートを取ると、
男性、女性ともにもらってうれしいのは、自分で買うことのできない本物、
社会に出てから役に立つ上質なものがほしいという声が多いようです。

成人するお嬢さまに贈って、あとから必ず喜ばれるのが
パールのネックレスです。冠婚葬祭をはじめとして、フォーマルからカジュアルな
シーンまでオールマイティなジュエリーがパールです。流行に左右されることもありません。

これから友人の結婚式に招かれる機会も出て来ます。
結婚し、子どもができるとお宮参りや七五三、入園式、卒園式など
これまでとは異なる場を経験するようになります。

そんな時、安心して身に着けることが出来る本真珠のネックレスが1本あると心丈夫です。
人生経験豊かな親だからこそ、娘に贈ることのできるパールのネックレスです。
その時はありがたみが分からなくても、後々、必ず喜んでもらえることでしょう。

お守りにもなるパール

パールには邪気を払い、持ち主を守るという強い守護力があるとされていて、
お守りとして愛用されてもきました。
船乗りや漁師は昔から海難事故に遭わないようお守りとして身に着けています。
葬儀などの際にパールを身に着けるのは邪気を払うお守りにするという意味合いもあります。

 

海の中でアコヤ貝が作り出す真珠は、神秘的なパワーがあると信じられてきました。
19歳は女性の厄年のひとつです。厄年にパールのお守りがあると心強いですね。

パールの宝石言葉は「健康、無垢、長寿、純潔、円満、完成」。
成人するお嬢さまに親として贈りたい言葉ばかりですね。
パールのネックレスは切れ目なく円を描くその形から縁を結ぶとされており、
家族や友人、仲間との愛情の象徴でもあります。
このような点からもパールはいにしえより、多くの人々から愛されてきました。

大人の女性の必需品、ファーストパール

パールは他のジュエリーにはない品格があり、
喜びの場ばかりでなく、葬祭の場でも身に着けることが
許される唯一のジュエリーです。

これから社会人としてデビューするにあたり、
1本あると安心なジュエリー。
パールのネックレスは大人の女性としての
品格と自信を与えてくれます。
ファーストパールを新成人のお祝いとして、
お嬢さまに贈ってみてはいかがでしょうか。