形見や思い出のジュエリーをリフォームして想いを受け継ぐ

お祖母さまやお母さまが使われていたジュエリーを形見や記念に
いただくことがありますね。
ヨーロッパには「ビジュー・ド・ファミーユ」という習慣があります。
ビジューはフランス語で宝石、ファミーユは家族。ビジュー・ド・ファミーユは
「家族の宝石」という意味になります。

お祖母さまが身に着けていた思い出の宝石をお母さまからお嬢さま、
そしてそのお子さまへと引き継いで、家族の宝石として大切にしていく習慣です。
ジュエリーは家族の愛や絆の証として代々受け継がれ、
家族を守るラッキーアイテムとして大切に扱われます。

受け継がれたジュエリーは身に着けることにより、お守りになるのだそうです。
そんな家族の宝石が引き出しにしまわれたままになってはいないでしょうか。

形見などでいただいた思い出のジュエリーをリフォームして
次の世代が愛用するのも、ビジュー・ド・ファミーユの生かし方です。
自分の気に入ったデザインに直したらいけないと考える必要はありません。
次の世代が身に着け、愛用してくれることを祖父母や
ご両親も喜んでくれることでしょう。
身に着ける度に思い出がよみがえる特別なジュエリー、それがビジュー・ド・ファミーユです。

昔のデザインをリフォームして好みのデザインに

おきものが好きなお祖母さまが愛用しているヒスイの帯留め。

※写真はイメージ
とても素敵な色合いです、孫娘にあげたいけれど、
孫娘はきものを着ないという場合は、帯留めをブローチにリフォーム
してからプレゼントするのはいかがでしょうか。

店舗に持ってきてスタッフにご相談ください。
ヒスイを活かしたおしゃれなブローチに変身させることができます。
若き日のお母さまがお父さまから贈られた婚約指輪は
デザインが古くなり、そのままではお嬢さまが身に
着けることができないこともあります。

そんな場合は指輪のデザインを変えることでリングとして
楽しむこともできますし、存在感のあるダイヤモンドであれば、
一粒ダイヤモンドのネックレスにリフォームすることもできます。

昔は立て爪のダイヤモンドの婚約指輪が多く、
爪が服などにひっかかりやすく、普段身に着けるのを
ためらってしまうデザインもありました。

そんな立て爪のデザインをフクリン留めに変えてみたり、
アームに埋めるデザインにすると、おしゃれで今風なリングに変身します。
アームの部分に小さなメレダイヤを施してハーフエタニティにすると
また印象が変わります。

これならきっとお嬢さまも喜んで身に着けてくださることでしょう。
ジュエリーをそのまま残す、差し上げるよりも、
差し上げる方の好みに合わせたリフォームをしてから
プレゼントすると、一層喜んでいただけます。

磨き直しやサイズ直しなど修理をしてご自身で使う

宝石箱に長年身に着けていないチェーンネックレスや
サイズが合わなくなって、いつの間にか使わなくなってしまった
リングなどが眠っていませんか。

それではもったいない。長年の着用で汚れがたまり、
チェーンなどが変色、切れたままになっているチェーン
ネックレスもジュエリー店に持って行くと、スタッフは
修理(リペア)やクリーニングの相談に乗ってくれます。

ゆがんでしまったリング、変形してしまったリングも
元通りの形状に整えてもらえます。いつの間にか取れてしまい、
紛失してしまったメレダイヤも、サイズや色合い、品質を
合わせて新しい石をセッティングし直し、石揺れなどもリペアしてもらえます。

切れてしまったチェーンも復活できます。
その際、アジャスターチェーンをつけて、チェーンの長さを
変えてみたり、思い切って別素材のチェーンにすると、
雰囲気も変わります。プラチナやゴールドのチェーンは
下取りもしてくれるので、リフォームの費用にあてることもできます。

リングのサイズ直しは、購入した店でなくても修理、
リフォームに応じてくれるはずです。磨き直しや修理をすることで
眠っていたジュエリーがよみがえり、お気に入りの1点になるとしたら、うれしいですね。

地金を加工して新しいデザインに

祖父母が残してくれたゴールドの結婚指輪。
それらも形見として残しておくだけでは残念です。
ジュエリー店に持って行き、スタッフに相談してみましょう。
リングの場合は内側に素材の種類が刻印されていますので、
プラチナやゴールドであれば、溶かして、
新しいデザインに生まれ変わらせることもできます。

不要なジュエリーは下取りしてもらいリフォーム代にあてる

リフォームするつもりのないジュエリーはどうしたらよいでしょうか。
ジュエリーのリフォームをする際、そのお店に不要なジュエリーを持って
行って見てもらいましょう。素材がプラチナやゴールドであれば、
リングのアーム、チェーンなどを下取りしてもらえます。

宝石の買取りなどの電話が自宅にかかってくることがありますが、
それはおすすめできません。ジュエリーのことは信頼できる
ジュエリー専門店に相談するのが一番です。

下取りや買取りを含め、ジュエリー店に気軽にご相談ください。
不要なジュエリーを下取りしてもらい、リフォーム代にあてることができます。

お気軽に当店、ジュエルヤマグチまでご相談ください。

>>>ジュエリーに関する相談ごとはコチラ
>>>来店してジュエリーに関して相談する場合はコチラ