名古屋市千種区に店を構えるジュエルヤマグチです。
ジュエリーリフォーム(作り替え)や修理でお困りならお気軽にご相談ください。

大切にしていた指輪やネックレスの宝石が取れてしまったらとても困ってしまいますよね。外れた宝石がお手元にあれば、その宝石をまた留め直して元に戻すこともできます。万が一、外れた宝石を失くしてしまっても大丈夫!慌てずにご相談ください。取れた宝石のサイズに合わせた宝石をこちらでご用意して代用する修理もできます。

今回は、ジュエリーの石取れの修理について事例を元に詳しくご説明してまいります。
一文字リングの真ん中の石が取れてしまったので、修理をしてほしいとのご相談をいただきました。宝石がついているリングは、リングの変形や使っているうちに爪が薄くなってしまったことが原因で石が取れてしまうということはよく起こります。

特にこのような一文字リングの場合は、小さな爪で留めているので、少し爪が開いただけでも石が外れてしまうこともあります。今回は、一緒に送っていただいた立て爪リングの石を外し、一文字リングの真ん中の空いている場所に石留めを行いました。全体の石留めも総点検を行い、他にも爪の緩みがないかきちんと確認を行いました。
使っていない立て爪リングの指輪を修理に使用してほしいとのご希望でした。そこで、立爪リングの石を外し、一文字リングの真ん中の空いている場所に石を留めました。立て爪リングの石のサイズを調べると、他の石とのサイズもほぼ同じくらいだったので、留め直して修理することができました。

また、サイズも合わないので調整してほしいとのご依頼をいただきました。リングを修理する際には、その前にリングの状態をよく確認します。リングを点検すると、壊れてしまった原因やどんなふうに力が加わったかということは大体わかります。どのような場面で壊れてしまったのか、原因がわかるとより良い修理もできますし、今後同様のトラブルが起こらないようにアドバイスを差し上げることもできます。

 

受注からご納品までの期間 2週間
お値段(サイズ直し、石留代金) ¥5,000

ジュエルヤマグチは、他店でお求めになったお品のリフォームや 修理のご相談は受け付けております。
名古屋市内はもとより、名古屋市、千種区、守山区、名東区、日進市、長久手市、尾張旭市、岐阜県内の方で
ジュエリーリフォームや修理の相談は「ジュエルヤマグチ」にご相談ください。